頭が良くなる勉強法

頭が良くなる勉強法

頭が良くなる勉強法というのはあるのでしょうか?

 

そもそも勉強は、やる気がないと身に着きません。継続することも大事ですが、やる気がなければ続けることはできないでしょうし、記憶も難しいでしょう。つまり、やる気を保つことが頭が良くなる勉強法であるとも言えるのです。

 

やる気を保つには、勉強の量も大切です。一気に頭に詰め込もうとすると、疲れて集中力もやがてなくなりますし、そうなるとやる気もなくなってしまうでしょう。1日にやる勉強を何分割かにわけて、休憩をはさみながらうまく行うようにしましょう。

 

また、勉強が終了するごとに報酬を用意するのも良いです。「これが終わったらおやつを食べよう」など、ちょっとしたご褒美があればやる気も保たれるのではないでしょうか。

 

とは言っても、人間の脳は飽きっぽく長続きしないようにできているので、勉強の内容も工夫した方がいいですね。たとえば、参考書の重要箇所をノートにわざわざまとめたりする人がいますが、これはきっとすぐに飽きてしまいます。それでいて、とても時間がかかるので勉強した気になってしまいます。しかし、これはまとめるという作業をしただけで、勉強ではないのです。

 

頭が良くなる勉強法として、いきなり分厚い専門書などは買わず、薄くても基礎についてしっかり学べる物をまずは選び、とことん暗記するといった方法を取ってみるといいかもしれません。これなら、ノートに重要箇所をまとめるという作業もいりません。

 

また、疑問が生じたら放っておかず、すぐに調べたりすることも大事です。学生なら、先生に積極的に質問するといいですね。先生と対話することで脳が活性化するので、質問は効果的なのです。

 


1日3分実践するだけで「天才脳」が手に入る!

(効果がなければ7日以内に全額返金)

>>パーフェクトブレインの解説とお申し込みはこちらから<<