頭を良くしたいならモーツアルトの音楽

頭が良くなる音楽

頭が良くなる音楽という物があったら、とてもうれしいですよね。しかし、聞くだけで頭が良くなるということなど、あるのでしょうか。

 

実は、モーツァルトの曲は、頭が良くなる音楽なのだそうです。モーツァルトの名前を聞いたことがないという人は、恐らくいないでしょう。

 

本名はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトと言い、ザルツブルグで生まれました。8歳で交響曲第1番を作曲するなど、まさに天才と言える作曲家です。

 

1993年に、フランシス・ラウシャーら心理学者が、モーツァルトの曲を聞くことでIQがアップするとネイチャー誌に発表しました。実際に学生にモーツァルトの曲を聞かせたところ、空間認識テストにおいて、音楽を聞かなかった学生よりも高い成績を出すという結果となったそうです。

 

また、ラットにT字型迷路実験を行う際、モーツァルトの曲を続けて聞かせたラットの方が、他の曲を聞かせたラットよりも早く迷路を抜け出すという結果が、1998年に確認されているそうです。

 

モーツァルト効果と言われるほど、頭が良くなる音楽として彼の曲は知られているのです。

 

なぜモーツァルトの曲が頭に良いのかと言うと、3000ヘルツという高音域の曲であることが関係しているそうです。高音域の曲を聞くことで脳に刺激を与え、知的能力、芸術性、発想力、想像力が向上するのだそうです。

 

具体的に頭が良くなる音楽とされているモーツァルトの曲は、2台のピアノ・ソナタ、交響曲第40番、アイネ・クライネ・ナハトムジーク第2楽章、トルコ行進曲です。

 


1日3分実践するだけで「天才脳」が手に入る!

(効果がなければ7日以内に全額返金)

>>パーフェクトブレインの解説とお申し込みはこちらから<<